black hair girl are worry
treatment

感染してはいけない理由

日本には様々な性病がありますが、特に危険視されているのがエイズです。エイズは一度感染すると体内からウイルスを取り除くすべがなく、進行を遅らせる以外の方法がありません。
ただ、エイズは感染者数が少ない性病なので、正しい予防方法に気を付けつつ、奔放な性行為を慎めば感染率は低いといえます。
日本の学校教育ではエイズに焦点を当てた教育しかしないので、他の性病に対しての危機感が不足しがちだといえます。
今回は、そんな危機感が足りていない性病の中でも、特に恐ろしいヘルペスについて紹介します。

ヘルペスとはヘルペスウイルスに感染することによって生じる性病です。
エイズと比べると日本国内のヘルペス患者数は非常に多く、感染の危険性も圧倒的に高いといえます。
症状は強い痛みを伴いますが、命にかかわるものではありません。ただ、ヘルペスウイルスも一度感染してしまうと完全に治すことができません。
感染率が高いのに一生付き合っていかなければならないので確実に予防する必要があるといえるでしょう。
感染を予防するためには感染経路についての知識を持っておく必要がありますし、治療のためには症状に関する知識と、治療薬に関する知識を持っておく必要があります。
万が一感染してしまった時のためにも、ヘルペスについて正しい知識と危機感を持っておきましょう。

当サイトではヘルペスの症状と、治療薬であるバルトレックスやバルシビルについて紹介していきます。
ヘルペスになってしまった際は早期治療が最も大切です。すぐに治療に取り掛かれるように、事前に学習しておきましょう。

medical examination

強い痛みを伴う

ヘルペスは男女ともに感染する病気です。セックス以外でも、口唇ヘルペスから感染する可能性もありますので、病原菌を徹底的に避けるのが最良の予防方法です。バルトレックスやバルシビルを常に持っておくことも大切です。

children's disease

薬の選び方

ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとバルシビルがあります。バルシビルは海外のジェネリックなので、海外から個人輸入する方法を使えば安価なバルシビルを購入することも可能です。

imported drugs

病院に行かない

ヘルペスの治療は病院の力を借りることなく行うこともできます。個人輸入ならバルトレックスもバルシビルも購入できますし、様々なメリットがあるので、病院を使わないというのも選択肢の一つです。